忍者ブログ

インテリアコーディネートに役立つ情報ブログ

インテリアの販売はお客様の夢を叶える素敵な仕事。多彩なライフスタイルに合った提案をするのに必要な幅広い知識と情報を発信していきます。

Home > > [PR] Home > インテリア接客塾 > 色の持つ効果とインテリアへの応用―青―

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

色の持つ効果とインテリアへの応用―青―

インテリアにおけるカラーコーディネートについて。

今日は青色について説明していきます。

<青>


【色の持つ効果】

広い空や海を連想させる癒しの色。気持ちを静めて落ち着かせる効果があります。
青色のカラーコーディネートは冷静で論理的な思考に繋がります。

「鎮静」「平和」「自由」「創造」を象徴し、興奮を静めて呼吸を穏やかにする働きがあります。
礼儀正しい性格の持ち主がこの色を好む傾向にあります。

寒色系の代表ともいえる色で、時間を短く感じさせる効果もあります。集中して何かに取り組みたい時に身近に置いておきたいカラーです。

食欲を抑える色でもあるので、家族で食事をとる場所には適さないかもしれません。
反対に、ダイエット中の場合には青色を身近に置いておく事をおすすめします。


【インテリアへの応用】

清涼感を感じさせるインテリアがお好みの方におすすめのカラーです。

ただし、広い面積で使うとお部屋の印象が冷たくなりがちです。
室内に部分的に青色を取り入れると、冷たい印象を抑えつつ、青色をテーマカラーにした空間に仕上がります。

クールな空間になるので、比較的男性向きのインテリアカラーともいえます。

書斎勉強部屋、オフィスの打ち合わせスペースなどにワンポイントカラーとして使用すると、気持ちが安定するだけでなく、適度な緊張感が生まれ、作業効率を高める効果があります。


また、眠りを誘う色でもあるので、寝室にお使いいただくと心地よく眠れるでしょう。

青色は見る事で体感温度を下げるので、一般家庭のあまり大部分の面積には、オールシーズン使用しない方がよいでしょう。

夏場に涼感を得られるように、青色の小物類を用意しておくことなどお勧めします。

気持ちが冷静でなくなってしまった時には青色の波長の照明を浴びるなど、効果的な使い方をできるようにインテリアのアイテムをコーディネートしましょう。




この記事がお役に立ちましたら、
人気ブログランキング
にほんブログ村
是非投票をお願いします。

PR
Responses0 Responses
  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL
  • パスワード

プロフィール

HN:
Sackn
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1983/05/23
自己紹介:
インテリアの販売はお客様の夢を叶える素敵な仕事。多彩なライフスタイルに合った提案をするのに必要な幅広い知識と情報を発信していきます。得意分野はカーテン・ブラインドなど窓周り・住宅系内装仕上げ。

twitter